無料ブログ作成サービス JUGEM
ネット上に空間はなく、移動もしない
0

     ネットにアクセスしている状況のビジュアル的表現として、光る方眼紙みたいな場所を走ったり飛んだりしているイメージはもうそろそろ違うものにできないのか…と考えたりします。
    初代『TRON』から『攻殻機動隊』まで、ほとんど変わっていない…。


    『サマーウォーズ』はちょっと進化して、セカンドライフみたいなCG空間上を移動していましたけど。


    しかし実際には、ネット上に空間はなく、移動もしていません。
    ネットアクセス時の内部処理を正確に暗喩化すると…


    1. 事務員のオヤジが電話帳を見て、必要な資料を電話で注文する。
    2. 注文を受けた先の事務員は、該当する資料を棚から取り出してきてオヤジに送る。
    3. 資料を受け取ったオヤジは、その資料を読んで、そこに記載されている別の資料を別の事務所に電話で注文する。
    4. Goto2
    ※つまり、オヤジはずっと同じ椅子に座ったまま。


    みたいな、未来世紀ブラジルの世界に近いものだと思うんですけれど。
    …まあこれだと、進化というより退化になりますが。

    | chojin | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ひとりプロジェクトX
    0
      酒井順子のエッセイの中で、『ひとり同窓会』という遊びが紹介されていたことがあります。“中学とか高校の卒業アルバムと検索エンジンの画面を開き、一人一人名前を入れていき、今の消息を追ってみる”という遊びです。当然、ほとんど分からないそうですが、たまに、今何をしているのかがわかる人もいるらしいです。

      私はさすがに、それはやったことはありませんが、自分が過去に関わったタイトルを検索してその後の評判を追う『ひとりプロジェクトX』(笑)は、たまにやります。

      最近やってみた中で意外なヒットだったのは、『デザエモン3D』が海外でちょっとウケていたらしいということです。

      その証拠に、日本語のWikipediaには独立した項目がないのに、英語版ではちゃんと存在します。
      http://en.wikipedia.org/wiki/Dezaemon_3D
      かなりレアもののソフトとして、コレクターに人気だそうです。

      紹介記事もあったりしました。
      http://ign64.ign.com/objects/003/003527.html
      http://www.gamestats.com/objects/003/003527/
      画面のメニューは英語で作っていたので(その方がデザインが引き締まってカッコいいからという理由ですが)、ある程度操作できたのかも知れません。
      サンプルゲームもかなり出来が良かったですし。

      日本では、バックアップ容量のことで酷評されることが多いですが、知らないうちに海の向こうで評価されていたのはちょっとうれしい感じがしました。
      | chojin | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |