無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ひとりプロジェクトX
0
    酒井順子のエッセイの中で、『ひとり同窓会』という遊びが紹介されていたことがあります。“中学とか高校の卒業アルバムと検索エンジンの画面を開き、一人一人名前を入れていき、今の消息を追ってみる”という遊びです。当然、ほとんど分からないそうですが、たまに、今何をしているのかがわかる人もいるらしいです。

    私はさすがに、それはやったことはありませんが、自分が過去に関わったタイトルを検索してその後の評判を追う『ひとりプロジェクトX』(笑)は、たまにやります。

    最近やってみた中で意外なヒットだったのは、『デザエモン3D』が海外でちょっとウケていたらしいということです。

    その証拠に、日本語のWikipediaには独立した項目がないのに、英語版ではちゃんと存在します。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Dezaemon_3D
    かなりレアもののソフトとして、コレクターに人気だそうです。

    紹介記事もあったりしました。
    http://ign64.ign.com/objects/003/003527.html
    http://www.gamestats.com/objects/003/003527/
    画面のメニューは英語で作っていたので(その方がデザインが引き締まってカッコいいからという理由ですが)、ある程度操作できたのかも知れません。
    サンプルゲームもかなり出来が良かったですし。

    日本では、バックアップ容量のことで酷評されることが多いですが、知らないうちに海の向こうで評価されていたのはちょっとうれしい感じがしました。
    | chojin | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.fake-reality.com/trackback/734178